福岡県北九州市八幡西区紅梅にある会計グループです。税理士業務や経営コンサルティング、相続・贈与を中心としています。税務や会社の経営、相続・贈与にお困りの方をサポートいたします。

中小企業の決算対策!今すぐできる節税方法とは?

決算から納税時期まで

法人にとって、決算時期というのは一年の中でも忙しい時期の一つです。
決算書の作成そのものも大変ですが、売上や利益が上がって予想以上に税金の額が高くなってしまった場合、決算後の納税に関しても不安が出てきます。

そうでなくても決算期は多忙な時期であり、決算をいかに乗り切るかは経営者にとっての課題だと言えます。
しかし、決算前というのは逆に様々な節税対策が出来る時期でもあります。

法人の中でも中小企業に関しては、税制面で多くの優遇策が用意されているため、決算対策としてはこれらを有効活用するのが良いでしょう。

決算後には、すぐに法人税や消費税などの納税時期が待っています。それまでの間にキャッシュを大幅に増やすことは困難です。
すなわち、企業が出来る決算対策としては、手持ちの資産や帳簿などを見直して、損金として計上出来るものがないかどうかを探すことに尽きると言えます。

具体的な節税対策

損金の計上方法ですぐに思い付くものは、不良在庫や不要な資産の売却でしょう。
これらの処分時には、簿価と時価の差額を損金として計上できる場合があります。
しかし、在庫の評価損を計上することについては条件が厳しくなっているため、必ずしも損金には出来ないということを覚えておいたほうが良いかもしれません。

料金や経費の支払い時期を見直すということも、節税方法の一つです。
決算後の来期に支払うはずだったサービス料金や外注費などを、今期のうちに支払ってしまうことで、それを経費として計上出来ます。
これはほとんどのケースで損金として認めらるため、決算時期には考慮に入れておくべき方法となります。

設備投資や償却資産などの購入を前倒しして行うことも効果的です。中小企業が設備投資を行う場合は、一定額の税金が控除されるケースがあります。
また、設備改修を前倒しして行えば、それも経費として計上することが可能です。
償却資産については、とく全額を損金として計上出来る30万円以下の少額減価償却資産の購入も検討項目に含めておきましょう。

福利厚生を行うことで、それが節税につながる場合もあります。
例えば、従業員に決算賞与の支払いをすれば人件費として経費扱いとなります。賞与の支給は、従業員のモチベーションの向上にもつながるため、ぜひ考えておきたいことだと言えます。

また、生命保険や企業共済への加入を検討することも必要でしょう。
保険や共済などに加入した場合、支払った保険料や掛金の一部を損金として計上することが出来ます。

企業の節税方法はこのように幅広いものです。有効な節税対策を思い付かない場合には、税理士などに相談することで適切なアドバイスを受けることが出来ます。”

投稿者プロフィール

加納誠士
加納誠士
税理士法人SKC 課長
税理士
宅地建物取引主任
相続・贈与担当

出身地 岐阜県各務原市
出身校 愛知教育大学教育学部 卒業
勤続年数 11年
趣味 ラジコン、プラモデル
好きな
歴史上の人物 織田信長

お気軽にお問い合わせください TEL 093-645-0129 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © Sakai Management Center All Rights Reserved.