福岡県北九州市戸畑区中原にある会計グループです。税理士業務や経営コンサルティング、相続・贈与を中心としています。税務や会社の経営、相続・贈与にお困りの方をサポートいたします。
税理士法人SKC ㈱さかい経営センター 
㈱北九州経理代行センター 相続贈与相談センター

フィンテックとは?会計事務所ではどんなサービスを行っている?

フィンテックとは?

経済や金融の分野では、フィンテックという新しいサービスが広がりを見せています。
これは、ファイナンスとテクノロジーという二つの言葉から生まれた造語で、いわゆる金融分野におけるIT化のことです。

フィンテックには幅広いサービスが含まれています。
例えば、電子マネーによるオンライン決済やクラウド会計システム、領収書や請求書の自動発行システムといったものがあります。
会計事務所として主に取り扱うことになるのは、この中のクラウド会計の分野ということになります。

クラウド会計ソフトとしてよく知られているのは、MFクラウドやfreee、Crewなどです。
クラウド会計の導入を、会計事務所に依頼した場合、まずはこれら多くのソフトの中から会社に最適なものを選ぶということから始まります。

その際にポイントとなるのは、料金や使いやすさ、会社が使用している電子マネーやPOSシステムに対応しているかどうか、などです。
こうした点に加えて、実際にソフトを導入した場合、会社の業務や事業内容に適しているかということが判断材料となります。

ソフト選びが無事に終われば、担当者が会社を訪れて実際に導入を行うことになります。
この時、担当者からは使い方や設定に関する細かな指導が受けられるため、会社の会計業務をクラウドへとスムーズに移行することが可能です。

クラウド会計システムに詳しい税理士の場合

クラウド会計システムは、項目を入力すれば仕訳は自動で行ってくれることが売りの一つですが、仕訳そのものについては、使用者自身が設定しておかなくてはいけません。

クラウド会計に詳しい税理士や会計士であれば、ソフトの設定方法と同時に、仕訳についてもアドバイスができるわけです。

また、クラウド会計システムでは、領収書の画像を取り込むことで自動で入力を行ってくれるものもあります。
そういった細かな操作についても、担当者が指導することになります。

クラウド会計ソフトの中には、決算書の作成までを自動で行えるものが多くあります。
しかし、確定申告書や法人税申告書といった税務申告書の作成までは対応していないものがほとんどです。

その場合、自分で税務申告用のソフトと対応させるか、会計事務所や税理士事務所に税務申告書の作成を依頼しなくてはいけません。

フィンテックやクラウド会計を取り扱っている事務所であれば、ソフトが自動で生成した決算書から、税務申告書を作成することもスムーズに行うことができます。

投稿者プロフィール

堺俊治
堺俊治税理士法人SKC 代表税理士
税理士法人SKC 代表
税理士

出身地 長崎市
出身校 明治大学政経学部 卒業
勤続年数 37年
趣味 JAZZ鑑賞・ゴルフ
座右の銘 「志を立てて以って、万事の源となす。」

お気軽にお問い合わせください TEL 093-482-5588 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © Sakai Management Center All Rights Reserved.